連載

四国見聞録

毎日新聞デジタルの「四国見聞録」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

四国見聞録

徳島県美馬市・あんみつ館 年中、洋ラン色とりどり 美術館や展示販売 種苗会社が運営 /四国

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
雨のしずくをイメージした球体とランの展示。季節によって展示内容が変化する=徳島県美馬市脇町のあんみつ館「お蘭見広場」で、松山文音撮影
雨のしずくをイメージした球体とランの展示。季節によって展示内容が変化する=徳島県美馬市脇町のあんみつ館「お蘭見広場」で、松山文音撮影

 徳島県美馬市脇町に、洋ランを一年中楽しめる施設「あんみつ館」がある。市内に本社がある洋ラン種苗メーカー「河野メリクロン」の直営施設として1991年に開設され、約4500平方メートルの敷地には展示販売のスペースや喫茶、美術館などがそろう。色とりどりの洋ランが咲き誇る施設を訪れた。【松山文音】

 施設名は、86年に発売してヒット商品になった同社の洋ランの品種「あんみつ姫」に由来する。

 中心にある新館では、机の上に置けるようなコンパクトなものや、白で高さ約1メートルにも達するものなど、さまざまな大きさや色のコチョウランを主に展示販売していた。色は他にも赤や黄、青などあり、同じ色でも濃淡によって印象が違うのも楽しい。友人へのプレゼントとして購入した市内に住む70代女性は「ここの花は長持ちする」と話した。

この記事は有料記事です。

残り407文字(全文759文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集