メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

21世紀型経済モデル登場の日は=政治アナリスト・横江公美

 今回の米大統領選挙がまるで内戦状態のように見えるのは、民主、共和両党の経済政策の基盤が揺らいでいるからではないか。これまで、民主党はケインズ的大きな政府、共和党は新自由主義的小さな政府の立場で経済問題の解決策を提示してきた。

 だが、今回は様相を異にしている。共和党のトランプ候補は、自由貿易を推進する環太平洋パートナーシップ協定(TPP)に反対し、高額所得者の象徴であるウォール街への課税強化を訴える。一方、民主党はオバマ大統領がTPPを推進し、クリントン候補は支持基盤である労働組合との間で板挟みになっている。

 約40年ごとに政治色が変化するという世代論は、経済理論にも当てはまる。1920年代後半から60年代…

この記事は有料記事です。

残り408文字(全文715文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. 高2男子に切りつけ、強盗殺人未遂容疑で中国籍の男逮捕 埼玉・蕨

  3. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  4. 3分でわかる政治の基礎知識 秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  5. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです