メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長寿リスク社会

介護保険新方式 全国調査から/下 無資格者活用、実態合わず

「リバティ」の有資格ヘルパー矢吹英子さん(奥)と自宅を掃除する広江幸子さん(手前)。広江さんは目の難病があり、ヘルパーの支援に感謝している=広島県福山市で、斎藤義彦撮影

 「行政にはしごを外された。利用者が一人もいなかった」。神奈川県小田原市のケアマネジャー、前田程一さんが振り返った。前田さんは市が低報酬サービスを始めたのを機に専門の事業所を開設。しかし利用実績がなく、今年8月に休止した。介護の現場で働こうと研修を受けた無資格者5人を登録していたが、やむなく解除した。

この記事は有料記事です。

残り1879文字(全文2030文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  2. 「ちびまる子ちゃん」ナレーション交代 キートン山田さん「番組はまだまだ“後半へつづく”」

  3. 「考える余裕はなかった」 太平洋戦争開戦79年を前に91歳が語る予科練生活

  4. 特集ワイド 「桜を見る会」スクープ、赤旗 視点変え、見えた腐敗

  5. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです