メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GetNavi

実はコーン茶なんて飲まない韓国のドリンク事情とは? 「お茶よりコーヒー」「ビールは焼酎で割る」

情報提供:GetNavi web

お隣の韓国にはキムチや焼肉など、日本でおなじみの料理がたくさんあります。また、飲み物はマッコリやコーン茶などが有名ですが、はたして韓国本土でも同様なのでしょうか? 韓国出身の訪日留学生、キムさんに話を聞いてみました。

 

キム・サンヒョプ さん

チョナン出身。ソーセージや乾麺などを入れる「プデチゲ」という鍋が好物

 

韓国人は断然お茶よりもコーヒーが好き

最初に聞いてみたのは韓国のソフトドリンク事情。日本で有名なのは先述のコーン茶や、スジョンガ、シッケといったジュースですがいかがでしょう?

 

「それら全部、ほとんど飲まないね。まずコーン茶はほら、日本で韓国美容がブームになった影響じゃないかな。イメージからはお茶を飲むと思われてるかもしれないけど、水のほうが飲むよ」(キムさん)

↑一番左がスジョンガで、生姜の効いた甘辛い味がします。その隣がシッケで、こちらは米を使った甘い飲み物です↑一番左がスジョンガで、生姜の効いた甘辛い味がします。その隣がシッケで、こちらは米を使った甘い飲み物です

 

スジョンガやシッケも同様。伝統的なジュースであることには変わりませんが、日常的に飲むことは少ないそうです。では、一番飲むソフトドリンクは?

 

一番飲むのはコーヒー! 韓国の飲食店に行くと、よくディスペンサーみたいなのが置いてあって、タダで飲めるんだよ」(キムさん)

 

オフィスなどにあるユニマットのような機械をイメージするとわかりやすいでしょう。あのような、ボタンひとつで抽出されるディスペンサーがお店に置いてあるそうです。

 

韓国で酒といえば焼酎が定番でビールを割ることもある

次はお酒の話へ。日本ではマッコリが有名ですが、やはり韓国でもマッコリが一番飲まれているのでしょうか?

 

「一番は焼酎。韓国では『ソジュ』といって、名前が『ショウチュウ』と似ているから、多分もとは一緒なんだろうね。でもソジュは日本の芋焼酎や麦焼酎と違って、クセがないタイプ。日本で有名なのは、『ジンロ』ってあるでしょ。あれがソジュだね」(キムさん)

↑日本でもおなじみのジンロ。その左は、韓国で最もポピュラーなソジュ「チャミスル」↑日本でもおなじみのジンロ。その左は、韓国で最もポピュラーなソジュ「チャミスル」

 

韓国では2つのブランドがしのぎを削っているそうで、ソウルでは「チャミスル」、プサンでは「チョウムチョロム」というソジュがポピュラーなんだとか。しかもさらに聞くと、なんと韓国人はビールも焼酎で割るそうです。いったい、なぜでしょうか?

 

「味が薄いからだよ。日本のビールは韓国よりも濃いからその必要がないのかもね。あと、ビールはソジュよりアルコール度数が低いという理由もあるかな」(キムさん)

↑一番小さい瓶が「チョウムチョロム」↑一番右の小さいビンが「チョウムチョロム」

 

韓国ではビールがポピュラーで、マッコリよりもよく飲むとか。ただ、味は日本よりもライトでスッキリ。そこで、ソジュとブレンドしてパンチのある味わいにしているのでしょう。日本でいう「ホッピー」の飲み方に近いかもしれません。

 

「ビールに入れて割るようなことはあっても、基本的にソジュはストレートで飲むもの。女性のなかにはレモンソジュにして飲む人もいるけどね。『チャン』っていうショットグラスのような酒器で、クイクイやる飲み方が一般的だよ」(キムさん)

20161012-a96 (1)

 

多くのソジュは、アルコール度数20〜25%と強め。これをストレートで普通に飲む韓国人は、日本人より酒飲みといえるでしょう。また、ソジュをストレートでよく飲むからこそ、ビールにソジュを入れて強アルコールにしたくなるのかもしれませんね。

 

※この企画は、外国人留学生へのリサーチから得た知見をもとに、海外向けに日本企業のブランディングや商品PRのサポートを行う「LIFE PEPPER」とのコラボによるものです。

情報提供:GetNavi web


おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. 高2男子に切りつけ、強盗殺人未遂容疑で中国籍の男逮捕 埼玉・蕨

  3. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  4. 途上国の問題を体験・共感して 「すごく恥ずかしい」シースルートイレが登場

  5. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです