メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
大阪万博

「カンボジア館」存続 神戸の自治会が改修へ

三角屋根の集会所で卓球を楽しむ地域住民=神戸市北区で、矢澤秀範撮影

 1970年にあった大阪万博のパビリオンで使用後、神戸市に移設され集会所として使われている「カンボジア館」が、取り壊しの危機を乗り越えて存続することが決まった。国内移設されたパビリオン施設は国内で2カ所しかなく、老朽化が進んでいるが住民らはカンボジア大使館などの要望を受けて後世に残すことにした。11月には同国の関係者を招いた「文化祭」を開く予定で、万博の熱気を引き継ぐ。

 カンボジア館は三角形の大きな黄色い屋根が特徴で、住宅開発業者が71年に入手した。神戸市北区広陵町に…

この記事は有料記事です。

残り678文字(全文914文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブラックバイト訴訟 大学生「怖くて辞められず」

  2. 時代の風 「嫌韓」とは何なのか 国益なきストレス解消=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

  3. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  4. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

  5. 埼玉・飯能の県道で軽乗用車とゴミ収集車衝突 30代夫婦と生後6カ月男児の3人死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです