メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国連総会

核禁止交渉開始で激論 切り崩し図る保有国

 【ニューヨーク國枝すみれ】国連総会第1委員会(軍縮)で、核兵器禁止条約の来年中の交渉開始を求める決議案を巡り、核保有国と非核保有国との議論が激化している。決議案には100カ国以上が賛成し、11月上旬に採択される見通しだ。一方、核兵器禁止が国際世論の主流になることを嫌い、核保有国は賛成派の国々の切り崩しを図っている。

この記事は有料記事です。

残り807文字(全文966文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  2. 神奈川県のHDD流出 逮捕の社員「複数回盗んだ」

  3. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  4. キャベツを食べるウニ 大きくて、おいしくなった 神奈川県水産技術センターで展示

  5. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです