将棋連盟

三浦九段の不正調査…対局中ソフト利用か

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見する日本将棋連盟の島朗常務理事(左)と杉浦伸洋渉外部理事=東京都渋谷区の日本将棋連盟で2016年10月12日午後8時17分、須藤唯哉撮影
記者会見する日本将棋連盟の島朗常務理事(左)と杉浦伸洋渉外部理事=東京都渋谷区の日本将棋連盟で2016年10月12日午後8時17分、須藤唯哉撮影

出場停止処分

 日本将棋連盟は12日、三浦弘行九段(42)を年内の公式戦出場停止処分にしたと発表した。直接の処分理由は、提出を求めた休場届が期限までに届かなかったため。三浦九段は対局中に不自然な形で離席することが多いと対戦した棋士から指摘があり、将棋ソフトを不正利用しているという疑惑が浮上。連盟側は三浦九段から聞き取り調査を始めていた。

 三浦九段は京都市の天龍寺で15日に開幕する第29期竜王戦七番勝負の挑戦者に決まっていたが、挑戦者決定戦で敗れた丸山忠久九段(46)が代わりに渡辺明竜王(32)と対局する。主催の読売新聞社も了承した。対局者の変更は極めて異例。

この記事は有料記事です。

残り812文字(全文1093文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集