メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

連載小説 ストロベリーライフ

/5 血縁グラデーション 作・荻原浩 題字・画、佃二葉

=画、佃二葉

 待合用の長椅子の手前側、いちばんほっそりしたシルエットは進子(しんこ)ネエだ。髪を無造作におだんごにした顔をこちらに振り向けると、オッサンみたいに手刀をさしあげた。とはいえ、いつもの「よう」という挨拶(あいさつ)の言葉はなく、頬(ほお)はこわばっている。

 目で美月(みづき)に挨拶をし、長い腕を伸ばして銀河(ぎんが)の頭をすいっと撫(な)でる。

 ひ。銀河が息をのみ、美月のスカートを握りしめて後ずさりした。前回会ったのはまだ三歳の時だから、進子…

この記事は有料記事です。

残り2774文字(全文2998文字)

荻原浩

さいたま市出身。成城大卒。1997年「オロロ畑でつかまえて」で小説すばる新人賞を受賞してデビュー。「海の見える理髪店」で第155回直木賞受賞。東京都在住。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. どうする国民年金 (1)基礎年金生活者・単身女性に訪れる甘くない将来

  3. 稲田朋美議員の秘書、政治資金で駐車違反の交通反則金

  4. 「小泉政権の政府見解と矛盾」との指摘にどう答えたか 誕生日だった菅氏一問一答

  5. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し 「危険運転」は否定せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです