メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

群馬百湯

/26 湯端温泉(高崎市) 祖父母の遺志継ぎ 夫婦で再開、源泉の一軒宿 /群馬

湯端温泉の「ホタルの湯」=高崎市吉井町多比良で

湯端(ゆばた)温泉

 上信越自動車道の吉井インターチェンジを下りて市街地と反対にハンドルを切ると、あっという間に山の中に入る。温泉宿はその牛伏山(うしぶせやま)のふもとにたたずむ。2006年以降休業していたが、4年前に初代の孫、桑子済(とおる)さん(31)と妻真澄さん(30)の夫婦が再開した。

 湯端温泉は少なくとも明治時代には源泉がわいていたという。泉質はナトリウム−塩化物冷鉱泉。地元では、薬湯として古くから親しまれ、あせもややけどなど皮膚病に効くと肌に塗られてきた。

 温泉宿ができたのは1971年。「誰かが温泉宿をやれよ」との周囲の声を受け、料理人だった済さんの祖父…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  2. ローソン「悪魔のおにぎり」1000万個超え 王者ツナマヨ抜き
  3. 皇統は断絶の危機 愛子さまを皇太子に
  4. 「桜を見る会」安倍政権で拡大 支出は当初予算の3倍 「政権近い人招待」と批判も
  5. ORICON NEWS 福田雄一監督版 ドラマ『聖☆おにいさん』NHK総合で放送

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです