メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

限界集落

県内は245 進む過疎と高齢化 無人化の集落も /香川

 県内の山間部や離島で昨年4月現在、半数以上が65歳以上の高齢者という「限界集落」が245集落あることが県のまとめで分かった。調査対象となった1067集落の23%にあたり、6年前より少なくとも約100集落増え、過疎や高齢化が急速に進む現状を裏付けた。

 浜田恵造知事が12日の県議会一般質問で、氏家孝志県議(自民党議員会)の質問に答えた。

 調査は国土交通省が数年に1回実施しており、県が県内分を取りまとめた。対象は、これまで過疎地域自立促…

この記事は有料記事です。

残り451文字(全文669文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

  3. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  4. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

  5. 桜を見る会の批判封じる「火消し」は「本丸直撃案件」を鎮火できるのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです