流敏晴さん死去

長崎国際大野球部監督、安らかに 九州北部2部優勝を報告 /長崎

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
流監督の遺影に優勝を報告する長崎国際大の山崎主将
流監督の遺影に優勝を報告する長崎国際大の山崎主将

 長崎国際大硬式野球部の監督を務め9月15日に急病で亡くなった流敏晴(ながれとしはる)さん(享年68)をしのぶ会が13日、佐世保市ハウステンボス町の同大で開かれた。部員ら約150人が九州地区大学野球連盟北部ブロック2部リーグ初優勝と1部昇格を報告し、冥福を祈った。

 流さんは1967年に小倉商高(北九州市)から阪急(現オリックス)にドラフト2位で投手として入団。約10年間のプレー後に球団…

この記事は有料記事です。

残り292文字(全文486文字)

あわせて読みたい

注目の特集