メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

ワイダ氏の思い出=西川恵

 <kin−gon>

 今月9日に90歳で亡くなったポーランドの映画監督アンジェイ・ワイダ氏のワルシャワの家を訪れたのは27年も前だが、この日のことはいまも鮮明だ。1989年8月20日の日曜日の昼下がり。閑静な住宅街では子どもたちがボール遊びに興じていた。呼び鈴を押すと、以前会っている夫人が出てきて「主人は撮影の準備で出ています」と申し訳なさそうに言った。

 この時、ワイダ氏が準備していた映画が、大戦中のソ連軍によるポーランド軍将兵の虐殺事件を描いた「カティンの森」だった(実際に完成するのは2007年)。

この記事は有料記事です。

残り760文字(全文1013文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  5. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです