メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コストコ崩落事故

1級建築士、逆転無罪 東京高裁判決

 東日本大震災で東京都町田市の大型量販店「コストコ多摩境倉庫店」の駐車場スロープが崩落して8人が死傷した事故を巡り、業務上過失致死傷罪に問われた1級建築士、高木直喜被告(69)=石川県野々市市=の控訴審判決で、東京高裁は13日、禁錮8月、執行猶予2年とした1審判決を破棄し、逆転無罪を言い渡した。井上弘通裁判長(合田悦三裁判長代読)は「構造設計担当者としての義務は尽くされている」と判断した。

 判決によると、建物本体とスロープが異なる揺れ方をする構造だったのに、接合部が鋼板だけでつながれたために事故が起きた。前任者から構造設計を引き継いだ高木建築士は、接合部を床でつなぐ強度が高い構造設計をしたにもかかわらず、実際は鋼板でつなぐ工事が行われた。

この記事は有料記事です。

残り892文字(全文1215文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の受験生、トイレに立てこもり警察が出動 注意されせき込む仕草も

  2. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  3. 新型コロナ、10年後には死亡率インフルエンザ以下に 米大学研究チームが試算

  4. ORICON NEWS 綾瀬はるか主演『天国と地獄』初回16.8%の好発進

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです