メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コストコ崩落事故

1級建築士、逆転無罪 東京高裁判決

 東日本大震災で東京都町田市の大型量販店「コストコ多摩境倉庫店」の駐車場スロープが崩落して8人が死傷した事故を巡り、業務上過失致死傷罪に問われた1級建築士、高木直喜被告(69)=石川県野々市市=の控訴審判決で、東京高裁は13日、禁錮8月、執行猶予2年とした1審判決を破棄し、逆転無罪を言い渡した。井上弘通裁判長(合田悦三裁判長代読)は「構造設計担当者としての義務は尽くされている」と判断した。

 判決によると、建物本体とスロープが異なる揺れ方をする構造だったのに、接合部が鋼板だけでつながれたた…

この記事は有料記事です。

残り969文字(全文1215文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大きな虹 福岡の空に
  2. 「高プロ」適用、全国で1人だけ 開始1カ月
  3. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  4. 皇統は断絶の危機 愛子さまを皇太子に
  5. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです