メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
コストコ崩落事故

1級建築士、逆転無罪 東京高裁判決

 東日本大震災で東京都町田市の大型量販店「コストコ多摩境倉庫店」の駐車場スロープが崩落して8人が死傷した事故を巡り、業務上過失致死傷罪に問われた1級建築士、高木直喜被告(69)=石川県野々市市=の控訴審判決で、東京高裁は13日、禁錮8月、執行猶予2年とした1審判決を破棄し、逆転無罪を言い渡した。井上弘通裁判長(合田悦三裁判長代読)は「構造設計担当者としての義務は尽くされている」と判断した。

 判決によると、建物本体とスロープが異なる揺れ方をする構造だったのに、接合部が鋼板だけでつながれたた…

この記事は有料記事です。

残り969文字(全文1215文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  2. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 東日本大震災 県内の放射線量 /福島

  5. WEB CARTOP 日産は大丈夫なのか? 2019年の第一四半期決算が営業利益約99%減の事情

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです