連載

ニッポン瞬・彩

毎日新聞デジタルの「ニッポン瞬・彩」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

ニッポン瞬・彩

(下)島に咲く花とレイ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 小笠原の四季を飾る花々は、思いを込めてレイとなり、出会いと別れを彩る。旅人との別れ、ふるさとを離れる人々、そして見送る島の人々……。冨田マスオさんの写真特集「ムニンヒメツバキの島より」最終回は、花とレイに囲まれた人々の暮らしを映し出す。

写真・文 冨田マスオ

レイを作る

小笠原では、島の植物や花からレイを作り、フラを踊る時に身につける。ティー(和名は千年木)の葉を三つ編みにし、ブーゲンビリアを織り込んでいく

ティーレイ

ティーの葉でレイを作ることが多く、ベースは緑色。これはさまざまな色のティーを織り込んだもの

プルメリア

プルメリアは夏に咲き乱れ、レイの花飾りに使われることが多い。これは赤い花だが、白や黄色の花もあり、非常にいい香りがする

フラの子供たち

小笠原のフラの祭典、サマーフェスティバル“フラオハナ”。自分たちで作ったレイを身につけ、クラスごとにフラを披露する

拡大

パラパライのレイ

パラパライ(シダの仲間)を織り込んだレイ。“フラオハナ”で島の高校生たちのチームが身につける

 

 

  

  

 

 

  

 

拡大

卒業のフラ

“フラオハナ”の終盤、翌年高校を卒業する2人が、プルメリアのハク(頭につける飾り)をつけてフラを踊る。小さいころから踊ってきたこの島から、翌年3月には内地へと旅立つ

 

 

 

 

 

 

拡大

ドラゴンフルーツ

“フラオハナ”が開かれた夜、帰り道の崖にドラゴンフルーツの花が咲き乱れていた。一晩だけ咲く花は愛らしいが、次の日にはしぼんでしまう

 

 

 

 

 

 

拡大

結婚撮影

レイは、フラを踊る時に身につけるだけではなく、結婚式やウエディング撮影にも欠かせない。この時は、プルメリアのハクとブーケを新婦が身につけ、新郎はパラパライのレイを掛けていた

 

 

 

 

 

 

見送りレイ

親しくなった人が島を離れる時、その人への感謝の思いを込めてレイやハクを作り、出港の時に掛けて見送る

見送り風景

おがさわら丸が岩壁から徐々に離れる時、レイを掛けられた人は、「行ってきまーす」という思いを込め海へと投げ入れる

海とレイ

海へ投げられたレイが岸にたどり着くと、その人はまた島に帰ってくるとも言われている。海を漂うレイもまた美しい

ムニンヒメツバキ

小笠原村の花に指定されている固有種のムニンヒメツバキの花。白くてツバキより小さく可愛らしい花は、6月ごろから夏の終わりまで咲く

撮影者の横顔

 冨田マスオ(とみた・ますお)1967(昭和42)年6月生まれの49歳。鹿児島出身で、30歳の時に小笠原の自然に魅了されて移住、本格的に写真を始める。現在は「マスオフォト」として四季折々の祭りやダイビング、結婚式の写真などを撮り続けるかたわら、歴史や文化、自然の観光ガイドや、小笠原の映像と音楽のプロデュースなども行っている。

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集