メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

殺処分

ゼロへ条例案 県や飼い主の責務明確化 県議会自民会派、提案へ /茨城

県動物指導センターに収容されている犬=笠間市で昨年

 犬、猫の命が絶たれるのを防ごうと、県議会の7割を占める最大会派「いばらき自民党」は「(仮称)県犬猫殺処分ゼロを目指す条例」を12月定例議会に提案する方針を決めた。罰則は設けないが、県や飼い主などの責務を明確化することで、全国的にも最悪クラスの殺処分の根絶を目指す。成立すれば、同様の条例は全国初という。【松本尚也】

 県生活衛生課によると、2014年度に県動物指導センター(笠間市)に収容された犬と猫は計5251匹。…

この記事は有料記事です。

残り516文字(全文724文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. どうする国民年金 (1)基礎年金生活者・単身女性に訪れる甘くない将来

  3. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し 「危険運転」は否定せず

  4. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

  5. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです