メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

政策チェック

16年米大統領選/2 対中国外交 クリントン氏、より強硬

 民主党のヒラリー・クリントン候補と共和党のドナルド・トランプ候補は、対中国政策では重なる部分が多い。中国が米国経済を脅かしているとの認識では一致しているからだ。ただ、国務長官時代に米国の「アジア回帰」政策を主導し、中国が嫌がる人権問題への関心も高いクリントン氏が当選する方が、中国にとっては「痛手」となりそうだ。

 クリントン氏は、中国による鉄鋼の過剰生産や廉価販売を「不公正だ」と批判。大統領直属の「貿易検察官」を設置し、対抗策を強化する考えを示している。トランプ氏は「中国が雇用を奪っている」と繰り返し、中国製品に45%の関税をかけるとまで主張する。

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文607文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政府のウィズコロナ「間違っている」? 疫学専門医師が訴える「ゼロコロナ戦略」とは

  2. 北朝鮮の元クウェート大使代理が韓国に亡命 妻子も同行「子どもにより良い未来を」

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです