将棋

竜王戦七番勝負 ソフト使用疑惑の中、厳戒態勢 きょうから第1局、対局者手荷物検査

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 三浦弘行九段(42)が出場停止処分を受け挑戦者が変更された将棋の第29期竜王戦七番勝負(読売新聞社主催)の第1局は15、16日に京都市の天龍寺で指される。14日には、前例がない手荷物などの検査が実施された。

 三浦は対局中に将棋ソフトを使用した疑惑が浮上したため、日本将棋連盟が調査。12日に挑戦者を丸山忠久九段(46)に変更した。

 東京から14日に京都入りした渡辺明竜王(32)と丸山は対局場の下見を行った後、宿泊先のホテルに移動。自室に入る前に、同連盟の職員が2人の身体や手荷物、着用する和服まで金属探知機で検査した。丸山は電子機器を持っていなかったため、渡辺のみスマートフォンを、立会の井上慶太九段を通じてホテルに預けた。対局終了まで保管される。

この記事は有料記事です。

残り163文字(全文489文字)

あわせて読みたい

注目の特集