メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
読んであげて

同志カグヤ/14

同志カグヤ 14

 <広げよう おはなしの輪>

 文(ぶん)・芝田勝茂(しばた・かつも) 絵(え)・倉馬奈未(くらまなみ)×ハイロン

「続(つづ)けるわよ。天子(てんし)さまのことばで、わたしは彼(かれ)もまた、過去(かこ)に遠(とお)い星(ほし)からこの地上(ちじょう)に降(お)り立(た)った一族(いちぞく)の末裔(まつえい)だと知(し)ったの。だからいった。『なんなら、わたしの迎(むか)えが来(く)るとき、いっしょに帰(かえ)りません?』『とんでもない!』と彼(かれ)は言下(げんか)に否定(ひてい)した。『出自(しゅつじ)がどうであれ、わたしは今(いま)はこの島国(しまぐに)の主(あるじ)です。ひとびとが幸福(こうふく)に暮(く)らすために祈(いの)ることこそわが定(さだ)め。故郷(こきょう)がどのようにすぐれた美(うつく)しい星(ほし)であろうと、この地(ち)を去(さ)ろうと思(おも)ったことはありません』なんていうの。えらい。わたしはそのことばに深(ふか)く感動(かんどう)し、この国(くに)に三百年(さんびゃくねん)の平和(へいわ)をさずけようと約束(やくそく)した。しかしさすがはこの国(くに)の天子(てんし)。『それ千年(せんねん)にならない?』ですって。欲張(よくば)りよね。そんなの無理(むり)っていったら『ではせめて五百年(ごひゃくねん)』だって。『もうー。わかったわ。じゃあ五百年(ごひゃくねん)。それだけの平和(へい…

この記事は有料記事です。

残り924文字(全文1539文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  2. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 参院選後に官邸でデキ婚発表 某方面の都合に乗っかるテレビ

  4. 立花N国党首vs高須院長が「ニコ生」で大激論 爆問・太田に飛び火も(スポニチ)

  5. ソウルで韓国人男性が日本人女性に暴力 SNSに被害投稿

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです