化石

アンモナイトの新種発見 北海道浦河町

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
いずれも「ディディモセラス・ヒダケンゼ」と名付けられた新種のアンモナイト=北海道浦河町で
いずれも「ディディモセラス・ヒダケンゼ」と名付けられた新種のアンモナイト=北海道浦河町で

 北海道浦河町は14日、同町内にある約7600万〜7400万年前の白亜紀後期の地層から2005年以降、見つかった12種類65個のアンモナイト化石のうち、15個は新種だったと発表した。これらの新種化石は「ディディモセラス・ヒダケンゼ」と名付けられたという。

 国立科学博物館とむかわ町立穗別博物館による研…

この記事は有料記事です。

残り184文字(全文334文字)

あわせて読みたい

注目の特集