介護保険料

「総報酬割り」導入へ 高所得者の負担増に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 政府・与党は、40〜64歳の介護保険料の計算方法に関し、収入の高い大企業のサラリーマンなどの保険料負担を増やす「総報酬割り」の段階的導入に向け調整に入った。負担増となる経済界は反対しているが、段階的に導入することで理解を求めたい考えだ。

 「総報酬割り」は収入に応じて介護保険料を決める仕組み。現在は収入に関係なく加入者数に応じて算出している。…

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文430文字)

あわせて読みたい

注目の特集