メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

知っちゅう?

警察犬、何をする? 嗅覚生かした“捜査官” 容疑者や行方不明者の捜索従事 直轄、嘱託で県内カバー /高知

新たに加わった直轄警察犬のフィスコ号=高知市布師田の県警直轄警察犬訓練所で、松原由佳撮影

 先日、県警に新たな警察犬として、ジャーマンシェパードの1歳の雄「フィスコ号」が加わり、訓練が公開された。そもそも警察犬とはどのような仕事をし、訓練を受けているのか取材した。【松原由佳】

 ■警察犬とは

 警察犬は、人間の約3000〜6000倍の嗅覚を持つ犬の能力を生かし、「臭いの捜査官」として、容疑者につながる痕跡をたどったり、行方不明者の捜索などに従事したりする。

 警察犬の区分は2種類あり、直接訓練する直轄警察犬と民間に養成を委託する嘱託警察犬がある。現在、県内…

この記事は有料記事です。

残り802文字(全文1035文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  2. 東京五輪、空手マットを1円落札 組織委、金額伏せる

  3. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  4. ORICON NEWS 川栄李奈が第1子出産を報告「毎日に幸せを感じております」 廣瀬智紀パパに!

  5. 鳩山元首相も地元支援者を招待 旧民主党政権下の「桜を見る会」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです