メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2016

待機児童対策、盲点 運営株式会社「人件費7割なら赤字」 保育士に届かぬ補助

就職相談会で保育所の運営事業者の説明を熱心に聞く保育士ら(左側)=東京都台東区で、桐野耕一撮影

 東京都内の民間の認可保育所と小規模保育所の財務状況の調査では、行政側の認識と企業の考え方のズレを浮き彫りにした。政府は待機児童解消に向け税金投入を続けているが、既に保育士不足のために保育所の増設も難しくなりつつある。実情を踏まえた待遇改善を進めなければ安心して子どもを預ける環境は整わない。【桐野耕一、黒田阿紗子】

 「補助金の多い都内で人件費割合を70%にすれば資金を保育所の新設に回せない。社会のニーズに応えて新…

この記事は有料記事です。

残り1927文字(全文2135文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クイーンズ駅伝 面目躍如「小出監督」 ユニバーサル優勝
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. 児童買春容疑 元中学講師を逮捕 愛知県警
  4. コトバ解説 「熱中症」と「熱射病」の違い
  5. ニッポンへの発言 キーワード 「美しい顔」と芥川賞=中森明夫

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]