メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

政策チェック

16年米大統領選/3 対露外交 実利的なトランプ氏

民主・クリントン氏「選挙結果への影響を画策」/共和・トランプ氏「プーチン氏は強い指導者」

 「敵対勢力(ロシア)が米国の選挙結果に影響を与えようとしている」。民主党のヒラリー・クリントン候補は今月9日の討論会で、ロシア政府に近いハッカー集団が党本部にサイバー攻撃を仕掛けているとして、強く非難した。だが、共和党のドナルド・トランプ候補は「ロシアが関与しているかは定かでない」と同調しなかった。

 過激派組織「イスラム国」(IS)対策で「ロシアと協調できたら素晴らしい」と公言するトランプ氏。ウクライナに軍事介入したプーチン露大統領を「我々の大統領よりはるかに優れている」とも称賛。こうした態度からは、二つの側面が浮かび上がる。

この記事は有料記事です。

残り334文字(全文645文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ変異株、東京の40代男性が感染 10代未満女児の濃厚接触者

  2. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  3. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  4. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  5. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです