メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁・将棋スペシャル

将棋 C級2組 全勝者2人消えた 昇級戦線左右しそうな対局

 <C級2組の対局から>

 9月29日に行われたC級2組の対局で起こった、昇級戦線を左右しそうな二つのドラマを紹介する。

 まずは村中秀史六段(35)対伊藤真吾五段(34)の将棋から。伊藤は3連勝、村中は3連敗と明暗が分かれており、昇級のためにも、降級点回避のためにも、ともに負けられない一戦だ。

 相居飛車の力戦から後手の伊藤が猛攻する。だが村中は巧みに受けつつ、玉を中段に逃げ出して勝勢になった。

 そして大詰め、双方秒読みの中、村中が入玉を目指さず、寄せに出たため事件が起きる。

この記事は有料記事です。

残り1083文字(全文1321文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. イヌサフラン誤って食べた男性が死亡 群馬・渋川
  3. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  4. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  5. 特集ワイド ヘイト本作った理由、依頼を何でも受けた 読み手見え、自責の念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです