メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

本村凌二・評 『サピエンス全史 上・下』=ユヴァル・ノア・ハラリ著

 (河出書房新社・各2052円)

人類は自らの真の姿を見抜けるか

 一九六九年、アームストロング宇宙飛行士たちは月面探検の前にアメリカ西部の砂漠で訓練された。近隣に住むアメリカ先住民部族の老人は彼らが月面探検の旅に出ることを知ると、月に棲(す)む聖霊にぜひとも大切なメッセージを伝えてもらいたいと願い出た。部族の言葉をいくども繰り返し、宇宙飛行士たちに正確に暗記させたという。彼らは基地に戻ると、先住民の意味不明な言葉を理解する人を探し出し、メッセージの訳を頼んだ。訳者は腹をかかえて笑い出し、「この者たちの言うことは一言も信じてはいけません。あなた方の土地を盗むためにやって来たのです」と口にした。

 人類らしきものにも異なる人類種が生まれ、やがてユーラシア西部にはネアンデルタール人が姿を現し、二〇…

この記事は有料記事です。

残り1715文字(全文2063文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府、大阪府立大と大阪市立大の学費を実質無償化へ

  2. ORICON NEWS 田村淳“道玄坂69”デビューも事務所から圧力なし クレームは「覚悟の上」

  3. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  4. 明石市が養育費「泣き寝入り」救済条例を検討 市が支払いを命じ、従わない場合は氏名公表も

  5. 千葉大 年間授業料10万円引き上げ 20年度入学から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです