連載

くらしナビ・スローらいふ

毎日新聞デジタルの「くらしナビ・スローらいふ」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

くらしナビ・スローらいふ

肺炎、年末前にワクチンを

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
イラスト・深澤かんな
イラスト・深澤かんな

 「孫育て」に奮闘する祖父母が増えている中、孫からの感染で祖父母が肺炎になる可能性があるという。肺炎は日本人の死亡原因の第3位。家族が集まることの多いクリスマスや年末年始を控え、感染予防を心がけておきたい。

 ●「孫から感染」注意

 肺炎は季節を問わずかかる可能性のある病気だが、死亡率は12月から翌年1月にかけてが最も高い。普段の生活でかかる肺炎の原因菌の4分の1を占めるのは「肺炎球菌」で、子どもの鼻やのどに存在することが多い。せきやくしゃみで飛び散った菌を吸い込み、その菌が肺まで到達してしまうと発症する。糖尿病や心疾患などの持病や加齢で免疫力が落ちている場合に発症しやすく、繰り返すと重症化してしまう。肺炎による死亡のほとんどが65歳以上だ。

 第一生命経済研究所が2014年に孫がいる55〜74歳の男女1000人に行った調査では、孫の面倒を見た経験がある祖父は6割、祖母は7割。さらに年末年始は家庭のイベントが多く、孫と祖父母の交流も多いため気をつけた方が良さそうだ。米国の研究では、親族が集まるクリスマス休暇から年始にかけて、高齢者に子ども由来の肺炎が急増することを指摘したものがある。子育て中の親世代には感染しなくても、免疫力の落ちている…

この記事は有料記事です。

残り867文字(全文1390文字)

あわせて読みたい

注目の特集