メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はたらく

就活編 大学1年から仕事知る

「キャリア大学」のプログラムに参加した学生の満足度は高い=東京都千代田区の三井住友海上火災保険で

 産業構造が変わるなかで、学生が社会への視野を広げ、世の中にどんな仕事があり、自分は何をやっていくのかを考えるキャリア教育は重要度を増している。大学1、2年生の早い段階から仕事や働き方を伝える動きが広がり始めている。

 「なじみは薄いかもしれないが、リスクと対峙(たいじ)する損害保険の意義を知ってほしい」。東京都千代田区の三井住友海上火災保険本社で9月下旬に開かれた大学1、2年生向けのキャリア教育イベント。スーツ姿の学生56人が人事担当者の話に耳を傾ける。

この記事は有料記事です。

残り1310文字(全文1539文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック開催「米国次第」 組織委理事の高橋治之氏が発言と米紙報道

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. 自公、幹部の銀座クラブ出入りで危機感 野党「店罰して議員罰しないのは言語道断」

  5. 「見捨てられるのでは」都民フ議員、都議選を前に焦り 小池氏は自民と接近?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです