メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自動車

WEC 第7戦 富士6時間耐久 トヨタ今季初勝利

 自動車レースの世界耐久選手権(WEC)シリーズ第7戦「富士6時間耐久レース」は16日、静岡・富士スピードウェイ(1周4・563キキロ)で決勝を行い、トヨタの6号車に乗る小林可夢偉、ステファン・サラザン(フランス)、マイク・コンウェー(英国)組が優勝した。トヨタは今季初勝利。自国開催の富士では2年ぶりの優勝となった。

 トヨタ6号車はレース残り約30分でトップに立つと、ポールポジションからスタートしたアウディ8号車の…

この記事は有料記事です。

残り581文字(全文790文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSOMIA決裂をギリギリ回避 防衛省幹部も驚いた急転直下の裏側

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  4. GSOMIA継続 方針転換に輸出管理巡る日韓対話合意

  5. 羽生一問一答(2) 「曲に感情を入れると、ジャンプを跳ぶのが難しい」フィギュアNHK杯

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです