メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自動車

トヨタが今季初優勝 WEC富士6時間耐久

 自動車レースの世界耐久選手権(WEC)シリーズ第7戦「富士6時間耐久レース」は16日、静岡・富士スピードウェイ(1周4・563キキロ)で決勝を行い、トヨタの6号車に乗る小林可夢偉、ステファン・サラザン(フランス)、マイク・コンウェー(英国)組が優勝した。トヨタは今季初勝利。自国開催の富士では2年ぶりの優勝となった。

 トヨタ6号車はレース残り約30分でトップに立つと、ポールポジションからスタートしたアウディ8号車の…

この記事は有料記事です。

残り827文字(全文1036文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  3. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  4. 石破氏「幕引きにならない」 桜を見る会巡り、首相に記者会見求める

  5. 大阪桐蔭が優勝 8大会連続14回目 高校ラグビー大阪大会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです