メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Promises 2020への約束:伊藤美誠×一ノ瀬メイ 「伝える」大切さ

対談終了後にスマートフォンで仲良く記念撮影する卓球の伊藤美誠さん(左)とパラリンピック競泳の一ノ瀬メイさん=梅田麻衣子撮影

Promises 2020への約束

伊藤美誠×一ノ瀬メイ 「伝える」大切さ

 リオデジャネイロ大会が幕を閉じ、2020年東京五輪・パラリンピックに向けて選手たちは新たなスタートを切った。月刊五輪は新シリーズとして、競技や世代の枠を超えて語り合う対談企画「Promises 2020への約束」を随時、連載する。初回は史上最多の41個のメダルを獲得した日本選手団で卓球女子団体銅メダリストの伊藤美誠(15)=スターツ、リオパラリンピック競泳代表の一ノ瀬メイ(19)=近大。初対面で意気投合した2人がリオ大会で得たもの、競技の魅力、4年後への思いなどを語り合った。【構成・田原和宏】

 一ノ瀬 初対面なので自己紹介から。一ノ瀬メイです。京都市出身で高校までは京都の公立校に通い、今は近…

この記事は有料記事です。

残り5427文字(全文5727文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン