メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 指定廃棄物「焼却、理解得られぬ」 県市町村長会議で国の提示に懸念 /栃木

 東京電力福島第1原発事故に伴う指定廃棄物の処理方針について話し合った17日の県市町村長会議で、環境省は廃棄物を焼却して、かさを減らすなどの保管者の負担軽減策についても提示した。ただ、首長側からは「指定廃棄物の焼却に住民の理解が得られるとは思えない」などと懸念の声が上がり、課題も残された。

 環境省は同日、今年6〜9月に実施した放射性物質濃度の再測定結果について、県内の総量約1万3500トンの指定廃棄物のうち、基準値(1キロ当たり8000ベクレル)を超えるものは5200〜6500トンに減少したと説明。農業系廃棄物から抽出測定した771トンのうち、6割以上の478トンは基準値を下回っていた。これを受け、基準値以下の物は通常…

この記事は有料記事です。

残り470文字(全文783文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「僕たちの未来がなくなる」 気候変動対策強化求め若者ら東京・渋谷でデモ 

  4. 日本、ロシア破り開幕戦制す 松島快走3トライ 2大会連続白星発進 ラグビーW杯

  5. アイヌ「先住民否定」日本会議が講演会 札幌市施設で開催へ 抗議相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです