特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第75期名人戦A級順位戦 三浦弘行九段−渡辺明竜王 第16局の5

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

苦しげな受け

 図の局面で夕食休憩に入った。たまたま見かけた中継スタッフの話によると「渡辺さん、対局室で膝を抱えてうなだれた様子でした」とのこと。桂得で悪いはずがないと思っていた将棋が、考えれば考えるほど苦しい。渡辺は午前中の見通しと現状のギャップに愕然(がくぜん)としていたのだろう。

 三浦は難しい形勢としながらも、一定の手応えを得ていた。再開後、[先]8五桂と跳ねた。[後]同飛は[先]7四歩。飛車交換と[先]7三歩成が残り、後手は収拾がつかない。渡辺は[後]8四銀と辛抱した。[後]5二角といい、[後]8四銀といい、渡辺がこんな…

この記事は有料記事です。

残り399文字(全文665文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

あわせて読みたい

注目の特集