メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドローン

農薬散布 価格はヘリの3分の1/操縦容易 「遊休農地解消も」 人手不足の農家に朗報 /長野

ドローンを使った除草剤散布について近くの農家に説明する清水正督さん(右から2人目)=中野市三ツ和の水田で

 小型無人機・ドローンの農作業への利用が県内で進んでいる。小布施町のドローンメーカーは、農薬散布ができる機種を開発。従来の無線操縦式ヘリコプターよりも操作は容易で、価格は3分の1以下に抑えられるのが利点だ。デモンストレーションに参加した農業関係者は「人手不足に悩む農家には朗報。遊休農地の解消につながるかも」と期待している。【川辺和将】

 メーカーは「クエスト」。神戸(かんべ)博之社長(61)が、大手企業が製造している重さ80キロ級の農…

この記事は有料記事です。

残り711文字(全文929文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  3. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 15~39歳「AYA世代」のがん 女性が78% 国立がん研究センター調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです