連載

コレ推し!

毎日新聞デジタルの「コレ推し!」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

コレ推し!

岡山 「学生服王国」岡山県 時代の変化に底力発揮 /中国

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
1980年代に流行した「変形学生服」など学生服にまつわるさまざまな品が並ぶ児島学生服資料館=岡山県倉敷市児島下の町5で、益川量平撮影
1980年代に流行した「変形学生服」など学生服にまつわるさまざまな品が並ぶ児島学生服資料館=岡山県倉敷市児島下の町5で、益川量平撮影

 国内指折りのメーカーが本社を構え、全国の男子学生服の出荷額の約8割、女子学生服の約4割を占めるという「学生服王国」の岡山県。その歴史は江戸時代の綿作りに始まるという。中学の頃、自分が着ていた制服ももしかしたら岡山で作られたものだった? 岡山が誇る学生服生産の歴史を学んだ。【益川量平】

 学生服の歴史の一端に触れることができる場所が倉敷市にある。創業150年を超える地元の学生服メーカー・日本被服が開設する「児島学生服資料館」だ。学生服にまつわるさまざまな品が展示されている。

 1980年代に流行したという「変形学生服」やメーカー各社の古い看板が目を引き、時代を感じさせる古いミシンや、ボタンをとめる穴の縁を糸でかがる「穴かがり機」も。懐かしの学生服を試着できるコーナーもあって楽しめる。

この記事は有料記事です。

残り968文字(全文1312文字)

あわせて読みたい

注目の特集