メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

米大統領選インフラへのサイバー攻撃=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅

 米大統領選を1カ月後に控えた7日、米国土安全保障省と国家情報長官は選挙の安全実施を目的とする声明書を発表した。すでに民主党のホームページへのロシアからのサイバー攻撃が確認されている。州や自治体の選挙管理者にも、正当な投開票手続きの実行の重要性を強調したのだ。

 北朝鮮はソニー・ピクチャーズエンタテインメントにサイバー攻撃を加えた。また中国人民解放軍は米国企業から商取引上の機密を盗み出した。そしてロシアは米国の投開票を含む政治のサイバー空間という民主主義のインフラへの関心が高い。

 声明は言う。「ロシア人は欧州やユーラシア(通常中央アジア諸国)に対しても、サイバー攻撃による世論操…

この記事は有料記事です。

残り384文字(全文675文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神奈川県のHDD流出 逮捕の社員「複数回盗んだ」

  2. 解嘱の「いばらき大使」が肩書詐称認める 「見え張って」名刺に架空の「会社代表」

  3. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  4. ハードディスク「職員が立ち会い確実に破壊を」 総務省が通知

  5. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです