メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

皇室

生前退位 「おことば切り離し検討」 有識者会議が初会合

 天皇陛下の生前退位に関する安倍晋三首相の私的諮問機関「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」の初会合が17日、首相官邸で開かれた。座長に今井敬経団連名誉会長、座長代理に御厨貴東京大名誉教授を選任した。今井氏は会合後の記者会見で、憲法が禁じた天皇の政治的行為との指摘を避けるため、「(陛下が8月8日にビデオメッセージで表明した)おことばとは切り離して検討していく」と述べた。

 首相は初会合で「国家の基本に関わる極めて重要な事柄だ。予断を持つことなく十分に審議し、国民のさまざまな意見を踏まえ、提言を取りまとめてほしい」と要請。今井氏は記者会見で「陛下が82歳とご高齢であることを踏まえて議論する」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り724文字(全文1029文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  2. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  3. ながら運転厳罰化1年 「スマホ触らないで」 名神の追突死亡事故、遺族訴え

  4. GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡

  5. 社説 森友問題への政府対応 歯止めかからぬ国会軽視

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです