皇室

生前退位 「おことば切り離し検討」 有識者会議が初会合

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 天皇陛下の生前退位に関する安倍晋三首相の私的諮問機関「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」の初会合が17日、首相官邸で開かれた。座長に今井敬経団連名誉会長、座長代理に御厨貴東京大名誉教授を選任した。今井氏は会合後の記者会見で、憲法が禁じた天皇の政治的行為との指摘を避けるため、「(陛下が8月8日にビデオメッセージで表明した)おことばとは切り離して検討していく」と述べた。

 首相は初会合で「国家の基本に関わる極めて重要な事柄だ。予断を持つことなく十分に審議し、国民のさまざまな意見を踏まえ、提言を取りまとめてほしい」と要請。今井氏は記者会見で「陛下が82歳とご高齢であることを踏まえて議論する」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り724文字(全文1029文字)

あわせて読みたい

注目の特集