メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

窮状少女

「神待ち」「最貧困」救いたい…ネット設立

映画監督の山田洋次さん=東京都千代田区で2015年11月12日、竹内幹撮影

 貧困や虐待、障害など、さまざまな困難を抱える若い女性を支える全国ネットワーク「若草プロジェクト」(代表・大谷恭子弁護士)が設立された。「公的支援からこぼれ落ちている少女たちの現状を知り、手を差し伸べて」と参加を呼びかけている。

 家庭に居場所がなくインターネットのサイトで寝る場所や食事を提供してくれる男性を求める「神待ち少女」、性風俗しか行き先を見つけられない「最貧困女子」など、10〜20代女性の窮状が伝えられる機会が増えた。親の暴力、貧困などが背景にあることが多く、事件に巻き込まれる少女も少なくない。しかし、実態が見えにくいうえ、女性側から声を上げにくいため…

この記事は有料記事です。

残り426文字(全文709文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  2. 伊藤詩織さんへのデマやバッシング 荻上チキさんの70万件分析で見えた傾向

  3. 声優の水樹奈々さんが結婚 「奈々にちなんだ7月に」 お相手は音楽関係者

  4. 耳栓にもアマビエ? まさかの商標出願に批判続出「誰のものでもない」

  5. 京都・祇園の舞妓2人が新型コロナ感染 感染経路不明、濃厚接触者20人は陰性

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです