無罪判決

客引きの大学生 さいたま簡裁、捜査手法を批判

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 執拗(しつよう)な客引き行為をしたとして埼玉県迷惑行為防止条例違反に問われた男子大学生(22)=さいたま市在住=に対し、さいたま簡裁は17日、無罪(求刑・罰金30万円)を言い渡した。瀬尾豊治裁判官は判決で「つきまとった距離や執拗性に犯罪の証明がない」と述べた。

 男子大学生は、2月にさいたま市で居酒屋のアルバイト中、客になりすました男女の警察官に執拗に客引きをしたとして現行犯逮捕された。起訴段階では…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文503文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集