メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木造船

2隻また漂流 北朝鮮の漁船? 深浦町と佐井村で /青森

18日に青森県佐井村の沖合で発見された木造船=青森海上保安部提供

 深浦町と佐井村の沖合で17日から18日にかけ、国籍不明の木造船が相次いで漂流しているのが見つかった。日本海沿岸部には形状や積載物から北朝鮮の漁船とみられる船の漂着が続いており、青森海上保安部が船の状況などを詳しく調べている。【一宮俊介、成瀬桃子】

 17日午前7時ごろ、深浦町松神の沖で、木造船が転覆しているのを漁師が新深浦町漁協を通じて青森海保に連絡した。同海保によると、船は全長約8・4メートル、幅約1・7メートル。船籍は不明だが、船首部分にはハングルのような文字が書かれていたという。エンジンやスクリューは付いておらず、コケや小さい貝が付着し、船底を上に…

この記事は有料記事です。

残り421文字(全文701文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あんこう祭14万人 大洗・ガルパンイベントも盛況

  2. 伊藤「いい試合できた」今季4度目の決勝進出で初勝利 元世界1位倒す

  3. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  4. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  5. 風知草 観桜会の論じ方について=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです