メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

1票の格差

15年県議選無効確認訴訟 2.51倍「合憲」 議会裁量権認める 最高裁 /千葉

記者会見で最高裁判決を批判する広瀬理夫弁護団長(左)ら=県庁で

 選挙区間の「1票の格差」が最大2・51倍だった2015年4月の県議選は、憲法が定める投票価値の平等に違反するなどとして、住民グループが選挙無効を求めた訴訟で、最高裁第3小法廷(木内道祥裁判長)は18日、選挙区の定数配分は「合憲」と判断し、住民側の上告を棄却した。小法廷は「格差を是正しなかったことが、県議会の合理的な裁量の限界を超えるものとはいえない」と結論づけた。【川名壮志】

 15年の県議選では、議員1人当たりの人口が、銚子市選挙区(定数2)と印西市選挙区(同1)で2・51…

この記事は有料記事です。

残り565文字(全文805文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳で入場断られ…「取り返しがつかない」憤りの声
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. プロ野球 広島がリーグ3連覇 27年ぶり本拠地で決める
  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  5. 内閣改造 待機組約80人、首相支持派閥でパイ奪い合い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです