メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

1票の格差

15年県議選無効確認訴訟 2.51倍「合憲」 議会裁量権認める 最高裁 /千葉

記者会見で最高裁判決を批判する広瀬理夫弁護団長(左)ら=県庁で

 選挙区間の「1票の格差」が最大2・51倍だった2015年4月の県議選は、憲法が定める投票価値の平等に違反するなどとして、住民グループが選挙無効を求めた訴訟で、最高裁第3小法廷(木内道祥裁判長)は18日、選挙区の定数配分は「合憲」と判断し、住民側の上告を棄却した。小法廷は「格差を是正しなかったことが、県議会の合理的な裁量の限界を超えるものとはいえない」と結論づけた。【川名壮志】

 15年の県議選では、議員1人当たりの人口が、銚子市選挙区(定数2)と印西市選挙区(同1)で2・51…

この記事は有料記事です。

残り565文字(全文805文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国から注文殺到 福島名物「ラヂウム玉子」ロゴ入りTシャツが人気
  2. スキー客2人が行方不明 新潟・湯沢町
  3. 「介護しているのに文句ばかり」夫の口を塞ぐ妻を逮捕 容疑は殺人未遂 大阪
  4. 解決せぬ差別に失望 性同一性障害を持つ上田さん「時代はむしろ後退」
  5. ORICON NEWS [ガンプラビフォーアフター]創造力が生んだFAガンダム、「プラモ狂四郎」が果たした“ガンプラ脳変革”

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです