メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
原子力懇談会

「もんじゅ生かして」 市民、文科省対応を批判 敦賀 /福井

文部科学省の高谷浩樹・研究開発戦略官(左手前)に質問する市民ら=福井県敦賀市の敦賀美方消防本部講堂で、近藤諭撮影

 敦賀市民と原子力事業者が意見交換する「敦賀市原子力発電所懇談会」が18日、同市で開かれ、文部科学省の高谷浩樹・研究開発戦略官が、政府が廃炉も含めた抜本的な見直し方針を示した高速増殖原型炉もんじゅ(同市)の現状を説明した。市民からは「文科省の責任は大きい。市民に丁寧に説明すべきだ」などと、政府方針を巡る文科省の対応への批判が相次いだ。

 懇談会は渕上隆信市長が座長を務め、漁協や区長の代表ら9人が出席。「もんじゅがないがしろにされないか…

この記事は有料記事です。

残り225文字(全文443文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  4. ヒマワリ 200万本、黄色の海 八戸 /青森

  5. 「和牛」実は交雑種…兵庫の焼肉店 卸元が偽装か、告訴検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです