メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校駅伝

県予選 都大路目指し30日号砲 男子16チーム、女子10チーム 境港 /鳥取

昨年の県予選会で、一斉にスタートする男子選手ら=境港市営竜ケ山陸上競技場で2015年11月1日

[PR]

 男子67回・女子28回全国高校駅伝競走大会県予選会(県高体連、県教委主催、毎日新聞鳥取支局など後援)は30日、境港市三軒屋町の境港市営竜ケ山陸上競技場を発着点とするサカイマリンマラソンコースで開かれる。男子は7区間(42・195キロ)、女子は5区間(21・0975キロ)を走る。男子は15校と合同チームが一つ、女子は8校と合同チームが二つ出場する。

 男子は昨年優勝の鳥取城北に注目。区間賞を記録した徳田大祐選手(3年)ら前回を走ったメンバー4人が残る。昨年の大会で2位になるまで大会3連覇を達成していた米子松蔭も優勝を狙う。ほかにも鳥取中央育英や八頭、鳥取東なども上位を目指す。

全国高校駅伝競走大会県予選会コース

 女子は大会15連覇中の鳥取中央育英が有力だ。そのほか、2日の「くらよし女子駅伝」で鳥取中央育英に15秒差まで迫り県勢としては2位になった鳥取城北や、八頭なども上位争いに加わりそうだ。

 開会式は29日午後3時から境港市竹内団地の夢みなとタワーで。30日は男子が午前10時半、女子が午前11時にそれぞれスタートする。合同チームの出場は2大会ぶりで、オープン参加となる。

 男女の優勝校は12月25日に京都市である全国大会に出場。上位6校は11月20日に岡山県井原市である中国大会に臨む。【園部仁史】


各区間の距離

【男子】

1区 10キロ

2区 3キロ

3区 8.1075キロ

4区 8.0875キロ

5区 3キロ

6区 5キロ

7区 5キロ

【女子】

1区 6キロ

2区 4.0975キロ

3区 3キロ

4区 3キロ

5区 5キロ

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「もう一度めぐみを…」 講演1400回、署名1300万超…声を力に訴え続け 横田滋さん死去

  2. かまぼこ商品「うな次郎」ウナギフリーにリニューアル 絶滅危惧に配慮 新潟

  3. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

  4. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  5. 拉致問題進展なく 安倍首相「断腸の思い、申し訳ない」 横田滋さん死去

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです