メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

大切なのは社員だ=中村秀明

 <sui−setsu>

 「Karoshi」が世界をかけめぐっている。ざっと調べると米英独仏伊、スペイン、ベルギー、ポーランド、クロアチア、ペルーなどでニュースになった。

 ギリシャでは、過労死とは関係のない、泥酔して深夜の駅などで寝込むスーツ姿の男たちの写真が付いていた。

 英語の辞書にもある「Karoshi」が世界中に拡散したきっかけは、二つの出来事だった。女性新入社員の過労自殺で電通の責任が厳しく問われ、政府は初めての「過労死白書」を公表した。

 日本人の多くが「なまけ者の国」と考える南欧などが力の入った報道ぶりだ。「こんなふうでなくて良かった…

この記事は有料記事です。

残り720文字(全文995文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  2. コストコに車突っ込み貴金属盗まれる 北九州

  3. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  4. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  5. 園児をトイレに閉じ込め 東京・足立の認可保育園で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです