メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

政策チェック

16年米大統領選/6 TPP 米国の内向きを象徴

 日本や米国など12カ国が参加する環太平洋パートナーシップ協定(TPP)には、民主党のヒラリー・クリントン氏、共和党ドナルド・トランプ氏の両候補とも反対している。海外から安い工業製品が流入し、米製造業の脅威になる懸念が強いためだ。かつて栄えた「ラストベルト(さびついた工業地帯)」の有権者の動向が勝敗の鍵を握ると言われる中、競うように反対のボルテージを上げる。

 国務長官時代にTPP交渉に関与したクリントン氏は当初、賛否を明かさなかったが、製造業界の労働組合の…

この記事は有料記事です。

残り376文字(全文606文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. GPIF理事長を減給処分 「女性と関係」内部通報、監査委員に報告遅れ

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです