特集

2016米大統領選

毎日新聞デジタルの「2016米大統領選」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

特集一覧

政策チェック

16年米大統領選/6 TPP 米国の内向きを象徴

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日本や米国など12カ国が参加する環太平洋パートナーシップ協定(TPP)には、民主党のヒラリー・クリントン氏、共和党ドナルド・トランプ氏の両候補とも反対している。海外から安い工業製品が流入し、米製造業の脅威になる懸念が強いためだ。かつて栄えた「ラストベルト(さびついた工業地帯)」の有権者の動向が勝敗の鍵を握ると言われる中、競うように反対のボルテージを上げる。

 国務長官時代にTPP交渉に関与したクリントン氏は当初、賛否を明かさなかったが、製造業界の労働組合の支持を固めようと反対を表明。トランプ氏に「大統領になれば態度を変える」と攻撃されると、「大統領になった後も反対する」と明言した。

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文606文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集