メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第75期名人戦A級順位戦 三浦弘行九段−渡辺明竜王 第16局の6

渡辺ショック

 三浦は最後の長考に入った。図で平凡に[先]8五同歩は[後]6一桂[先]7三歩成[後]同桂[先]7四歩のとき[後]7七歩が嫌み。そこで5五の桂を捨て、[先]8五飛とぶつけて勝つ手順を本線に考えた。ただし桂の捨て方は6三と4三、成りと不成。組み合わせは4パターンある。三浦はきちょうめんに読んだ。そして1時間を超える長考で[先]6三桂成が最善との結論に達した。

 すでに戦意を失っていた渡辺は、別にどれでもいいといった感じで、すぐ[後]同角と応じた。両者には温度…

この記事は有料記事です。

残り579文字(全文814文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番襲撃、拳銃所持の男を箕面市内で逮捕 強盗殺人未遂容疑
  2. 事件の30分後、現場近くの住宅街で複数の住民「大きな破裂音聞いた」 交番襲撃
  3. 逮捕の男、名前以外黙秘 山中の防犯カメラに似た姿 ベンチで横たわる 交番襲撃 
  4. 刺された古瀬巡査、高校時代はラガーマン 佐賀工ウイングで花園出場も 交番襲撃
  5. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです