メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドコモ

冬春モデルに格安機種 ノート7見送り表明

ドコモ初のオリジナルスマートフォン「MONO」=東京都中央区で2016年10月19日、村田由紀子撮影

 NTTドコモは19日、2016〜17年の冬春モデルとして、初のオリジナルモデル「MONO(モノ)」などスマートフォン7機種、携帯電話2機種、モバイルWi−Fiルーター1機種など合計13機種を発表した。10月21日から順次発売する。モノは基本性能に徹したベーシックモデルで、端末は648円(ドコモのオンラインサイト価格)と低価格で販売する。

 12月上旬から販売するモノは、 マナーモードの専用スイッチがあり、画面で操作することなく映画館や会議前にすぐに消音できるなど、日々の使い勝手のよさにこだわって開発したという。音声品質を高めたVoLTE(ボルテ)に対応しており、防水機能もある。中国メーカーのZTE製。

この記事は有料記事です。

残り244文字(全文548文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風12号発生 今後の情報に注意呼びかけ 気象庁

  2. 神戸市立小学校でクラスターか 児童と教員ら計27人が感染 25日まで臨時休校

  3. 現場から うがい薬で「コロナに勝てる」、不十分なデータ基に会見 一府民、情報公開請求で解明 活動、ネットで広がる /大阪

  4. 全国初 レクサスパトカー GT-Rに続き会社役員が栃木県警に寄贈

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです