メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インドネシア

国民に高い人気 就任2年ジョコ大統領

ジョコ・ウィドド・インドネシア大統領=2014年8月、平野光芳撮影

 【ジャカルタ平野光芳】20日で就任から2年を迎えるインドネシアのジョコ・ウィドド大統領(55)が国民の間で高い人気を保っている。世論調査の支持率は6割以上の高率で政治基盤を着々と固める。庶民が恩恵を実感できる経済発展やインフラ政策が2019年の再選に向けたカギとなりそうだ。

 民間の研究所が8月に実施した世論調査によると、ジョコ政権について66・5%が「満足している」と回答した。政権が推進する貧困層向けの医療保障や教育・福祉政策に評価が高く、支持拡大につながっている模様だ。インドネシア学術研究院のシャムスディン・ハリス教授は「ジョコ氏の人気をしのぐ政治家はおらず、3年後の再選の可能性が高まっている」と見る。

 ジョコ氏は元々経営者で地方政治家出身。クリーンな政治姿勢が庶民の人気を集める一方、中央政界での基盤…

この記事は有料記事です。

残り787文字(全文1144文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 女性刺殺事件、直前の容疑者写真公開 グレーのハーフコート、新潟駅周辺で撮影

  3. 沢尻エリカ容疑者を送検 麻薬取締法違反容疑

  4. 石破氏「幕引きにならない」 桜を見る会巡り、首相に記者会見求める

  5. 京都成章6大会連続の花園 京都工学院降しV 高校ラグビー

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです