メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

温泉水トラフグ

海水代わり うまみ増す 栃木発、全国に

陸上養殖で生育中の温泉トラフグ=那須烏山市大桶の那珂川海産魚種養殖センターで2016年9月26日、野田樹撮影

 この冬、温泉育ちのフグ鍋はいかが−−。塩分を含んだ温泉水を海水の代わりにトラフグ養殖に活用しようと、栃木県で8年前に始まった取り組みが全国に広がっている。温泉水の利点を生かしてコストを削減し、味も産学共同研究で追究。商標登録してブランド化した「温泉トラフグ」は全国8府県に拡大し、12月には札幌市でも本格出荷が始まる。

 関東屈指の清流・那珂川が流れる栃木県那須烏山市。川のほとりにあったスイミングスクールのプールを、トラフグがゆったりと泳ぎ回る。地下170メートルからくみ上げた温泉水は年間を通じて23〜24度に維持。水温低下による冬場の食欲の落ち込みとは無縁で、海水養殖だと出荷まで1年半かかるところ1年で同じサイズに育つ。

この記事は有料記事です。

残り676文字(全文990文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 次亜塩素酸水 手指消毒の有効性は「未確認」 政府答弁書

  2. 新型コロナ感染者「ゼロ」は岩手、鳥取の2県 理由を探ってみた

  3. 埼玉県も休業要請へ 慎重姿勢転換 大野知事「首都圏一体で対応」

  4. 新型コロナ予防しようと…BCGワクチン接種ミス 成人に“絶対禁止”の皮下注射

  5. 緊急事態 警察「宣言出ていますよ」呼びかけ止まり 外出だけで職質はできず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです