メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうすれば安全安心

クマに遭遇してしまったら 急な動作で刺激をしない

 全国で人がクマに襲われる被害が相次いでいる。キノコ採りや紅葉狩り、登山など秋の行楽シーズンが本格化しているこの時期、山林に立ち入る機会も多いので、クマと遭遇するリスクは高まる。いざという時、どう行動したらいいのだろうか。【庄司哲也】

ゆっくりその場を去る/目を離さず静かに後退/子グマを見たら“赤信号”

 秋田県鹿角(かづの)市では今年5月下旬から6月にかけて男女4人が相次いでクマに襲われ、死亡する事故が起きた。10月に入ってからも各地で被害は頻発。同市内では男性(51)が畑でクマに背後から襲われ、腰の辺りに軽いけがをした。長野県大町市でもキノコ採りをしていた男性(68)が、体長約1メートルのクマに顔や両腕を引っかかれるなどして重傷を負った。今年はクマの被害が多いように見える。

 「東北地方では、今年はある程度出没が多くなると予測していました。出没が多いか少ないかは、木の実の豊…

この記事は有料記事です。

残り2015文字(全文2406文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 不法残留 容疑でベトナム人4人逮捕 伊香保の旅館
  2. 認知症 行方不明の妻を捜して 「なぜ1人で行かせたのか」後悔の念やまず
  3. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か
  4. 新潟・山形地震 TSUNAMI聞き取れず 旅行中の米国人「パニックに」
  5. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです