メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

作品展

早世の画家、須藤康花さん展 病と闘い生と死を意識した88点 松本で25日まで /長野

「生きることに向き合った一人の画家の作品を見てほしい」と話す父須藤正親さん=松本市深志2の井上百貨店で

 幼いころから病気がちで、7年前に30歳で亡くなった麻績村の画家、須藤康花さんの作品展が松本市深志2の井上百貨店で開かれている。25日まで。

 康花さんは1978年、福島県大熊町で生まれたが、2歳半でネフローゼ症候群を発症し、入退院を繰り返す生活だったため、小中学校も半分も通えなかったという。そうした中、詩を作ったり、絵を描いたりすることに親しむようになった。

 2001年に父正親さん(75)と、東京から自然豊かな麻績村に移り住み、農業をしながら作品を作り続け…

この記事は有料記事です。

残り375文字(全文605文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鬼滅の刃 シリーズ累計4000万部突破 10カ月で11倍 勢い止まらず

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 全日本吹奏楽連盟「事務局長ら2人が1.5億円超着服」 懲戒解雇

  4. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  5. 新型肺炎 日本国内のホテルもキャンセル相次ぐ 長期化懸念の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです